たなべ歯科クリニック

5つの約束 特徴 院内風景 診療案内 スタッフ紹介 患者さんの声
 

小児歯科

小児歯科とは?

小児は、小型の大人ではありません。
小児歯科における小児のマネジメントは、難しいものがあります。
シーラントに代表される予防処置やフッ素塗布など、現在ある歯を大切にすることが大切です。この他、たなべ歯科では、お子様及び保護者の皆様と協力しあって、虫歯のない健康な歯を目指す「ピカピカキッズ」という歯の予防クラブ(入会料無料)で、お子様の歯をサポートしています。
⇒「むしばゼロのおともだちしょうかい」のページへ

シーラントとは?

シーラントとは、奥歯の噛みあわせの部分にプラスチックなどを埋め込んで、その部分を虫歯予防しようという方法です 。奥歯には歯ブラシの毛先が届かない溝が存在します。その溝に食べカスなどの汚れがたまり、そのままにしておくと虫歯になってしまいます。そこでシーラントという方法で溝を埋めてしまい、虫歯を防ごうという事です。
シーラントは歯を削ったりしないので、歯にあまり負担がかからないため、子供の歯の虫歯予防に特に効果的とされています。

Q&A

子供が以前に受けた治療の経験が原因で歯科に行くのを嫌がっています。できるだけ苦痛の少ない治療を受けさせてあげたいのですが…。

歯科恐怖症の方が安心して受けられる治療法として人気が高いのがドリルを使用しない治療法のひとつ「カリソルブ」(保険外診療)です。この治療法は、ほとんど麻酔の注射をせずに特殊な溶液を塗布し、虫歯の部分を柔らかくし、専用の器具を使い手指で虫歯部分だけを除去する方法です。ドリルを使用しないため、キーンという音や振動がなく、痛みも極めて少ない上に、健康な歯を余分に除去することもありません。ただ、この治療方法は、神経にまで達するような進行した虫歯には使えませんので、早めの受診をお勧めします。治療費の目安は1本2,000円です。

できるだけ歯を削らなくて、神経を残す治療法はありませんか?

なるべく早く治療を受ける、これが一番重要です。
治療法としては、極力歯を削らない「3-mix」(保険外診療)という治療法があります。これは、3種類の抗生物質・抗菌薬を混ぜたものを虫歯部分に詰めることによって虫歯菌を殺す治療法です。虫歯部分の全てを削らずにすむため、神経に達した虫歯でも神経を残せる可能性が高くなります。歯に栄養を運ぶ役割をする神経を残すことで歯の寿命を延ばすことができ、歯の根っこの殺菌も期待できます。このほか「3-mix」は、治療後の痛みが出る可能性が低いのも特徴として挙げられます。